親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

金に綺麗も汚いもない

 

金は提供した価値の数値化というビジネス常套句は、何にでも当てはまるかのように
一括りにするものではない

人と同じ数だけそれぞれの答えがきっとある

 

金にはエネルギーも別に宿らない、
宿るとしたら力であり欲望だ

感謝されて稼ぐことで、
プラスのエネルギーがお金に宿り徳が積めるだとか
ギリギリのお金をあえて払うことで
神様が用意した「人生の岐路」に立てる
それが人生を変えるチャンスだとか
ハナから「社会貢献したいです」だとか

そんな戯言は犬に食わせろ

 

あんたはあんたの言いたいことを言えばいい、俺は俺の言いたいことを言うから

他人の言葉に支配されている時点でいつまで経っても「払う側」だ

 

自己満足と偽善者達

 

ネットビジネス業界を
「僕達みたいにマトモにやってる人だけが活躍出来るよう健全化したい」という連中…

皆、同じだ

私は私がマトモだと思っていないが、
それだけに『同じ』といった言葉の意味は深い

 

文化流水理論よろしく

単純で明解な図式だ、下から上へ金を吸い上げているという社会の縮図

金を払った側に残るのは「取られた」という感情

 

コミットメントが低い人

 

コミットメントが低いとは

一緒にやってもストレスがたまるだけ

他人事のようにビジネス案を持ちかけてくる

持ちかけてくるだけで役目を果たさない

 

圧倒的当事者意識の欠如から
頼んでもいない、ろくでもないアドバイスをくれたりする

 

希望的観測のヴィジョンを語る人の話で上手くいった試しが無い
現実化される根拠を示さず、行動もしないのであれば
軽々しく口にするべきではない

 

だからこそ、欲しいものは自らの手で勝ち取るのが男であり
その内嫌でも思い知るだろう!
組んだら他の誰とやるより面白い、それが俺だということに

 

 

私は過去、アイコス転売ヤーに影で
『ああいう人間は万人受けしない』と批判もされたが、
批判は私にとって
誰が『万人受けを望んでる』と言ったんだドブ野郎、
と思う程度のことだ