親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

クラウドファンディング – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

 

本日、大手クラウドファンディングサイトであるCAMPFIRE (キャンプファイヤー)の審査を無事通過し公開しました。

 

プロジェクトの詳細はこちらから

クラウドファンディング キャンプファイヤー

公開前にLINE@とLINEグループ限定で先行募集しましたが、現在支援者はCAMPFIRE (キャンプファイヤー)のみで募集しています。

 

 

本当は、この記事を会員限定にしようと思ったのだけれど、ビジネスの本質として記載します。

 

本来は、最低価格を30万円以上として売り出すコンテンツ、コミュニティビジネス戦略において、何故安価な価格でクラウドファンディングを行うのかについて。

 

 

金が集まらなければ実行出来ない計画ならクソ

 

当然のことながら、

第一に普段CAMPFIRE (キャンプファイヤー)を閲覧している層への認知度の普及

金が集まるなら尚良いが、集まらなくとも何ら問題はないという、マネーの虎に出演していたロマンドロールの長谷部文康社長と同じ考え方。

もっともマネーの虎では融資か投資であることから、長谷部社長にとって「出演=知名度戦略の成功」を意味し、実際に投資された金は即返したそうだが…

無論、今回のケースでは大した宣伝効果はないものの、無料で出来ることであり、情報業界で無名の私はコツコツと下地をつくる努力が必要なのを誰よりも自分で分かっているからだ。

そもそも、目標額に達しないと実行出来ないプロジェクトであるならば、誰かさんのヴィジョンやICOのロードマップ並みの絵空事だ。

 

 

第二にメインコンテンツへも参加可能なリターン支援額は80,000円と設定している。

仮に5,000円枠と20,000円枠の支援者がでた場合、「コンテンツ制作期間限定グループ」へのみ招待することをリターンとしているので、

そのグループで徹底的に教育し最終的にメインコンテンツを別料金で販売すればよい。
当然その時には80,000円では売らないが…
通常はリスト(見込み客)を集めるのに金が掛かることを考えると、非常に理に適っている。

 

 

第三にLINE@読者の方やLINEグループの方へクラウドファンディングよりも更に安い価格を提示することで、確実に一定数は参加してくれるという自信があった。

会員サイトなどの費用は賄えるうえ、数名の方はアフィリエイターでもあることから、かつて情報起業家として成長した与沢塾1期生が2期募集の折、全力でアフィリエイトしたようにアフィリエイト権利をつけてMLA(マルチレベルアフィリエイト)化してもよい。

 

 

第四にメインコンテンツから派生するありとあらゆる案件の伏線を張ることで、コミュニティ内外問わずクロスセル、アップセル、ダウンセルいくらでも行える。

つまり「コミュニティへの参加」それこそがフロントエンドであり、そこからの期待値は計り知れない。

それは別に自分が稼ぎたいからメンバーを喰いものにするわけでは決してない。

遣らない選択肢がないくらいの魅力的な稼げる案件の数々だということ。それはコミュニティへ参加すれば分かるし、内容を知れば挑戦しない方がバカだと思えるほどのものだ。
※いつ運営がとんずらして資金がフッ飛ぶかも分からないような、チキンレースの〇〇トークンの類ではないと付け加えておく

 

 

俺はいつもゲームが始まる前から勝っている

 

ビジネスで成功したくて、金がないなら頭を使え。

要は今ある手札で勝負する行使力がモノをいっているというわけだ。

コミュニティではこの何倍も上をゆく戦略がシェアされる

この圧倒的思考力と同時に最短最速で人脈形成が得られるのだから、安すぎるだろう。

どこかの下らないヤツには数十万円払うくせに、たった数万円さえ俺に払えないなら用はない。

かつてのコミュニティメンバーがついてこなかったり、使えなければ切り捨てればいい。

 

「第一」と「第三」が読み通りだからそれでよく

今回、CAMPFIRE (キャンプファイヤー)のフォームへ一文字も書く前の考案段階で当初の目的は遂げている。