金色の闇!三菱マテリアルのGOLD取引 マネーロンダリング

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

GOLDの取引を記載する前にswitch(スイッチ)について書こうと思う…

 

 

マネーロンダリングの隠語

 

A資金 B資金

必ずといっていいほど、最初に確認する項目のひとつは、

 

「Aですか?Bですか?」

 

「どちらでも出来ます」

 

といったものだ。

 

Aは表、Bは裏の金を意味する隠語。

地下送金と聞くと密輸船で現ナマを運ぶようなイメージを持つかも知れないが、

実際には、同時刻に双方異なる国で現地通貨を用意し交換。

だからswitch(スイッチ)という…

イタリアやルーマニアなど余程危険な国でもない限り基本的にはどの通貨ペアでもできる。

 

三菱マテリアルのGOLD

 

日本国内のGOLDは殆どが三菱マテリアルにある 取引には様々なケースが存在するが、1㎏が約500万円、tでの取引になることから

ビットコインの相対取引で触れたように当然プロシージャー(要望書)ありきで流れはBTC取引記事内容に準ずる。

 

GOLDは政治団体の資金であったり国が保有している。

 

田中価格(国内相場)なのか、LBMA(ロンドン終値の国際価格)なのか。

A資金なのかB資金なのか。

一括払い、包括(分割の意、ブリッジ案件、これをローロングという)

オールドバーかどうか(GOLDは5年過ぎると国内では所有者が変更出来ない、従ってオールドバーは価格が安い)

スキームの一例としては、国内で貿易会社を作っておき、バイヤー側の金主が資金証明を出してから、オールドバーを海外へ輸出。
精錬所で現物、通し番号、純度確認、溶かしてから売却。その金でセラー側へGOLDの代金を支払う。
つまり、バイヤー側の金主の金は実際には動かない。これを包括で総量が尽きるまで繰り返す。一週間で2度は行う。
これがGOLDのローリング案件。

 

いうまでもなく、詐欺が非常に多い。三菱の応接室がレンタル出来ることも悪用されている。
詐欺が多い=バイヤーよりセラーの数が圧倒的に多いということになる。

 

 

プロシージャーは下記のようなものだ。

 

三菱オールドバー税金処理済み、本日現物確認済み
200キロ
12-7
保有3t(15回分)
クローズ4%
仲介1%
身分証明書
POF
コンプラ甘め
購入意向書.POF.身分証

面談日決定

面談時に資金証明、金の確認。

翌日又は時間により当日取引。

購入意向書用意。
ペナルティ1%
PBは無し。
ローリングしたら1回10%以上の利益、売り先あり。
週2回回せる。

 

 

私はswitch(スイッチ)やGOLDに手を出すつもりはない。

人がいれば、闇はどこにでもある。

 

 

こういった話は自分にとって活かせなければ意味がない。聞くだけなら多少面白いだけで、中身がないお笑い番組と然程変わらない。

従って、現実論のみで語る裏稼業バイブル【黒の章】を公開します。

 

ついに発売開始

黒の章 裏稼業