親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

バブルの狂気! 実録ダークマネーノベル

 

LINE@とLINEグループでシェアしたとおり、CAMPFIRE(キャンプファイヤー) – クラウドファンディング‎で支援した岸正龍さんのマネーマッドが本日届きました。

読むより先にブログを書いているので、これから楽しみです。

大成功している社長だとか、どっかの富豪だとか、

そんな人に会える機会は滅多にないだとかいうけれど、俺の場合逆にそういう機会しかない。

だから、そういうお誘いは辟易しておりスルーしまくっているわたくしですが、マネーマッドを支援したから得られるリターンの生暴露宴には参加します。

帯を書いていたのがチバユウスケだったから興味を持ち即決しましたが、これがジェームススキナーやロバートキヨサキなら完全にスルーしていたな。

そんなヤツら俺には要らねぇんだ。

人が死ぬ音ってところが良いよな。

俺はどっかの大社長が突然現れても尾を振る気はねぇ  分かるだろ?

 

これからそこへ行くよ

 

今年に入ってから殆ど誰にも会っていなかったので、数か月髪も髭も伸ばし放題でチャールズマンソンみたいだった

ジョンレノンみたいだった・・・

身体がボロボロで激痛が続いていた。慢性的な痛みは精神に異常をきたす。

 

歳をとっていけばいくほど、荒く激しくなっていき

肺のなかは漆黒で、野生の狼みたくなっていく

 

 

俺は、今も昔も自分が17歳のような気持ちで日々をやっている。

 

「嫌われる覚悟で書きました」
と言いつつ、嫌われようがないゴミみたいな文章の人もいますが、当たり前に俺くらい書いて嫌われる文章だと感じてほしいね。

むしろ、嫌われる事にいちいち「覚悟」とか「勇気」とか言ってる時点で薄っぺらいね
俺は自分の年齢に合わせて表現方法を変えたくない。絶対に負けられない相手を決めたそういう俺が好きだから。

 

YouTuberもゴシップ誌も新元号と同じくらいどうでもいい。

 

「こんな僕にも出来たんだから、あなたにも出来ます!誰にでも出来ます!簡単です!」とかいうオファーも

冗談じゃねぇ  俺だから出来たに決まってるだろ。

 

凄く悪いことが存在しないと良いことも存在出来ない

生きぞこないより、死にぞこないのがマシ

 

気遣いと人に気を使うのとは異なる。人に気を使うと凄く変な人間になってしまう…

強烈な個人主義をいく。

好感度なんて要らないが、フォロワーの数や、いいね!の数で人徳は測りきれない。

 

 

ブチ抜く力はブチ抜けない

 

今更ですが、そう言えば与沢翼のブチ抜く力という本も買ってたんですよね。

Twitterへそのことを投稿すると彼がリツイートしているのを知っていたからだ。

それは、本の購入費=広告費だと考えて安いと判断したから。

あえなくリツイートされなかったので、

 

「持っているだけで満足だぜ」と翌日再度ツイートしようと思ったけれど止めた。
結局まだ読んでいない。この先読むこともないのかもしれない。

 

わたくし事ですが、無限に湧くアイデアにより、これから死ぬほど情報商材を作りまくり売りまくっていきたいと思います。

“情報発信者特有„の似合いもしないのに良い人キャラを装ったクズではなく、私はありのままで基本嫌な奴です。

「この人いつも酷い事ばかり書いてるなぁ」と思いながらも商材を買うと、そこにはいつもの10倍ぐらい酷い事しか書かれていません。

 

酷い記事と、もっと酷い有料記事です。

 

僕の商材を買って人生観が変わらないワケがないですよ。

 

ただし、とんでもなく悪い方へだ!

 

全ページ隅々まで読んでいただく事をお薦めしますけれどね。

願わくば読んでから判断してほしいです。

 

 

こんなの誰も真似出来ないでしょ。
だからパンクバンドでもないのに他の人が僕の真似をすると客を取れず死にます。

 

だけど、もし飽きられて人気も今以上に無くなって、客が誰も俺に見向きしなくなったら、また1から何度でもやる。

 

近日公開予定