親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

ライフ・イズ・ビューティフルだって?

 

このコンテンツには酷く嫌悪感を与える内容が多く含まれています。

 

 

何の救いもありません。

 

 

 

 

自分の存在価値を自分のなかだけで肯定できずに人との関わりのなかで認めようとするけれど、人は決して変えられないというジレンマのなかで…

 

 

 

 

 

以下に該当する方は、ここから先読み進めるのをご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

 

・精神的に不安定で生きているのが辛いと感じる方

・占いや迷信にすがり引き寄せの法則を信じている方

・現実から目を背け見せかけの平和を求めている方

・優しいだけの方

 

 

 

 

もがき苦しむことになり、意図せず自殺を誘発してしまうかもしれません。

 

このコンテンツで得られるものは、文章だけであなたの人生を魅惑的なものへ変える術

そして、僕と悪魔との契約の全貌です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が憎い

 

憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め憎め

 

 

 

 

憎悪             と             憤怒

 

 

悲哀に満ちた私怨と情念の塊でしかない僕があなたへ贈る

ピカレスク文学

コピーライティング術のすべて

 

 

 

 

 

 

 

究極のエゴイズムこそ美しい

 

退屈な人生をピカレスクロマンに変える芸術

 

例え映画化されなくても、写真も映像もなくて、曲の歌詞にならなくても音景色が浮かんでくる。共感覚のように彩られた世界です。

これを読んでいただいた後、あなたが文章を書き始めたとして、例え数人にしか読まれなくても、あなたの人生(文章)の価値を決めるのはあなたです。他の誰かじゃなくていい。

 

だから同じくこのコンテンツの価値を決めるのは金を払うヤツじゃない。

 

僕は本来、発した言葉の意味に何の説明も要さない。

 

今までの記事はすべて実話で、それらを断片的にまとめたものになります。
※ビジネスや投資記事含む

そして、過激すぎないよう凄くソフトに表現することを心掛けてきました。

実際のところは醜くおぞましく狂おしい、死がつきまとう俺たちに明日はないといったものでしたが…

僕のこれまでの人生は退屈なものですが「虚の王」さながらに、ノアール小説を地でいくものでもありました。

 

 

かつてギタリストのピート・タウンゼントがギターは銃だと言ったのと同じような理由で、僕やあなたにとってコピーライティングとは一番簡単に手に入る武器なのです。

 

あなたはあなたを奏でればいい。他の誰かのためじゃなく、あなた自身のために…

僕の教材を読み、文章を書くのが好きになればなるほど、誰にだって新田祐士や木坂健宣を越えられる可能性が高まる。

つまり、僕が今回ご提供するコピーライティング教材は、サイトアフィリエイトでただ稼ぐために身につけるものではなく、あなたがあなた自身を表現するために必要な

の絵具なのです。

 

そして、その方が何万倍も楽しい。

 

 

 

 

LINE@読者の方から、ご好評いただいた幾つかの記事

さよならぼくのともだち

 

「親友は、あの後どうなったんですか?」「続きが読みたいです」
などの感想をいただきました。

 

夜に溶ける

 

「実話ですか?」「短編小説を読んでいるかのような余韻」
などの感想をいただきました。

 

実録!かつて自分が憎んだものになった少年少女と歌舞伎町のビジネス

 

「次の記事が待ち遠しいです」「もしかして同一人物ですか?」
などの感想をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺と悪魔のノンフィクション

 

 

 

 

だから僕は悪魔と契約した

 

 

 

 

力もない金もない、頼れるものは自分だけ

 

 

 

 

ここは暗い… 何もない

 

 

 

 

俺には誰もいない

 

 

 

 

…   ……          人は寒い

 

              

 

 

 

 

 

だってカートみたいだから~Ah~ 椎名林檎が歌うギブスがリフレインする

 

 

 

 

 

あれはいつかみた夢だったろうか…それとも遠い日の記憶!?

 

 

 

 

Hey Hey, My My  王は死しても忘れ去られはしない

 

 

これはジョニーロットンの物語だ

 

 

後に残された者たちの物語だ

 

 

 

 

 

シド&ナンシー ジョンとヨーコ カート&コートニー 

 

いつだって、つがいの鳥を夢見ていたから、それさえ叶えば結末がボニー&クライドでも構わなかった。金なんて要らないし、ましてや人から取るなんて考えたこともなかった。

 

誰か… 誰かいないのか…… … 誰か… ここは暗い…   …

 

死にたい、殺したい、ブチ壊したい

 

 

俺の全部をメチャクチャにしてほしい 退屈も孤独も生きていることさえも

 

 

 

僕は酷く歪んだ性質の持ち主で、人の幸せは喜べず、完全な一夫一妻主義者を目指し、
相手を所有し、また相手からも所有されたかった。

捻れきった論理の向こうにある完璧な束縛を求めた。

 

そんな相手を…求めていた

 

 

過去を振り返るのは退屈だから止めたはずが、これを書いている今、滅裂な抒情詩で吐露しながら当時を振り返っている。

 

肥大していくエゴ あの頃は葛藤のなかで生きていたけれど、今ではもうハッキリ分かる

 

それこそが正しい

 

とんでもないエゴ それを自覚し持つことだけが、他人に支配されずに済む唯一の方法だ

 

 

本当は藤山カルロスや与沢翼の金持ち像なんてどうでもいい(勿論、当時知らないが)
チバユウスケやカートになりたかった。

 

でも、なれなかったからそれに代わる夢中になれるものを探した…

 

それはBLANKEY JET CITYのD.I.J      ドキドキするようなイカれた人生だった

 

 

 

 

ここにあるのは儚い夢と風化することのない復讐心

 

 

 

僕に関わる人たちの相次ぐ死と完全に落ちぶれ果てた経験が人生の意味を教えてくれた…

 

指一本でできるボランティアや半端な思いやりは、熱狂的な欲望と各人の悪意が飲み込む

 

 

 

 

 

 

あれは…

 

 

深夜零時、

ロバート・ジョンソンがクロスロード(十字路)で悪魔に魂を売った気持ちが分かった夜

 

 

あまりにも甘く美しい…

 

 

「ねぇ ホスト?」

 

「違うよ」

 

 

直感的に感じた “こいつはヤバい„ 不吉を纏う地獄への片道切符だ。
これで退屈から解放される。
だから喜んでその列車に飛び乗った。

 

 

ラピュタみたいにシータが空から降りてきて、何か素敵なことが始まったのならどんなに良かっただろうと思うけれど…

 

そうはならなかった

 

 

 

 

だからこの話はここでお終い……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 

            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                            …

 

 

 

 

         …

 

 

 

 

 

 

 

 

…                   

…                            

 

 

……         残された僕たちを除いて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堕ちる…闇へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺してやる 殺してやる 殺してやる・・・

 

コロシテヤル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の復讐には金が要る

俺と悪魔のノンフィクション

ピカレスク文学のコピーライティング術 続きはこちらから↓↓↓

 

Coming Soon