株式投資!MSPO流ロジック

 

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

この記事では、
当社の投資ビジネスコミュニティMSPO(マルチサイドプラットフォーム・オーケストラ)
でお伝えする株式投資ロジックのあらましについてお伝えしていきます。

 

 

株の基礎知識

 

株とは会社、企業等が新規事業や拡大を図る際などに投資家から出資を募り、その証明書のようなものとして発行します。

そのため株主は、オーナー権利を持つことになります。

購入にあたっては企業等から直接購入するのではなく、証券取引所を介し投資家同士の競りで行いますので、
株式投資を行うには、先ずこの証券取引所の口座を開設するところから始めることになります。

 

 

株取引の種類

 

・現物取引

 

購入した後、購入価格より株価が上がれば売却し利益確定します。
(安く買って高く売る)

自分の資金の範囲内でのみ取引を行います。

 

 

・信用取引

 

購売却からスタートすることが出来ます。

自分の資金を委託保証金として証券会社に預けお金を借りることで、自己資金以上の金額で取引を行うことが出来ます。

 

 

株のトレードスタイル

 

・スキャルピング 

 

瞬間的な判断が必要。(数秒~数分以内)

 

 

・デイトレード 

 

スキャルピングほどではないですが、比較的素早い判断が要求されます。
(数分~数時間以内)

 

 

・スイングトレード

 

じっくり考察して行うことが出来ます。
(数日~数か月以内)

 

 

・中長期投資 

 

数年以上最初に計画した通りに保有を続ける。
資産形成としての色が濃い。

 

 

MSPO両建てロジックのトレードスタイル

 

株式投資の信用取引を利用したスイングトレードで、
この手法は“うねり取り„と“つなぎ 売り„を組み合わせ、
株価が上がっても下がっても利益を生み出すことが可能となります。

 

通常、株取引において多くのトレーダーはチャート分析を行い、
今後の動きを予測しポジションを持つというのが一般的ではないでしょうか。
この分析と予測のために多くの時間を割くわけですが、
予測を外すと損切りしなければならず、これがメンタルに大きな負担をかけることになります。

 

 

今回MSPOでご提供するロジックは、
今までこういった投資スタイルの一般的な手法を実践されてこられた方の不安悩みを解消するものであるといえます。

 

 

MSPO両建てロジックの特徴

 

うねり取り„と“つなぎ 売り“„を組み合わせることにより、抜群の資金管理術が組み込まれています。

他の投資やビジネスで資金が一定額に達した方は、この投資スタイルへシフトすることで
将来に渡り「計画的」「安定的」な資産構築が図れます。

 

メリット

・時間に束縛されない (取引時間は1日2~3分程度)

・空いた時間で充分に思考できる ( 瞬間的な判断に迫られることがない)

・マネープレッシャーからの解放 (お金を増やすのが当たり前の作業となる)

・初心者OK (専門知識や経験は不要で1から学べる)

 

デメリット

・30万円以上のまとまった原資が必要。

・FXのように一攫千金を狙うようなことは期待出来ない。

・コツコツとお金を貯めるというものである点。

 

 

ロジックの具体例(1部抜粋)

 

現在の株単価が1200円の銘柄の場合

売りと買いを1ポジションずつ持ち、両建てを行います(2つのポジション)。

数日様子を見て大きく動いた方向(含み益5000千円以上)で利益を抜き、
もう一つのポジションはそのまま(残り1ポジション)

株価では1213円以上で買い玉の決済、或いは1187円以下で売り玉の決済。

株価が最初の値に戻ってくれば(下がった場合は上がり、上がった場合は下がる)
決済を行ったポジションを持ち直します。

この時点でポジションは最初に戻ったまま利益だけが残るかたちとなります。

株価が戻らず同方向に進んでいく場合
(下がった場合はさらに下がり、上がった場合はさらに上がる)

 

ここから戦略が分かれていきます。

 

…続く

会員限定サイトでは全て図式で更に動画とサポート付きで説明しています。
投資ビジネス マルチサイドプラットフォームオーケストラ