親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

Disposable Teens(使い捨ての十代)
言われたことしか出来ない女

 

彼女は絶対的なまでに言われたことしかできない。

言われたことを100%真に受けてしまう。

言われたことを言われたとおりにどこまでもやる。

 

それが何を意味するのか、続きは記事の後半で…

 

 

貧乏人の思考と偽善

 

自然豊かでのどかな場所へ旅行へでも行って、温泉に入ってリフレッシュするだとか、
そういったものはすべてフェイクだ。

自分を慰めているだけの。

 

“心の拠り所„といった吐き気がする言葉を使うヤツもいるし、

 

貧乏人ほど、消費税を識(し)らない。

貧乏人ほど、「10%にすれば良いじゃん! 計算し易いから」

貧乏人ほど、「2%の大きさが分からない」

 

輸入をしているヤツら、「消費税は絶対に上がってほしい!」

だってよ。

 

30%にしてほしいと言っていた。

飯テロだの税金無料コンサルだの、マトモ面しながら。

 

 

誰が泣こうが誰が死のうが、人は常に自分中心だ。

 

 

稼げる見込みの金額によって平気で言うことが変わるヤツもいる。

 

理想論を語る夢想家の偽善

「人の役に立ちたい」「全員を稼がせたい」

「月に20万円ぐらいの報酬では、全員を稼がせられないものはやりたくない」

「でも月100万円稼げるならビジネスとして考えることができる」

 

だってよ。

 

 

そこには信念なんて何もない。

 

 

 

あなたの正しさはどこにある

 

国語のテストに正解はない

 

問い

Aちゃんと仲がよかったBちゃんが亡くなった。
その時のAちゃんの気持ちを答えなさい。

 

答え

Aちゃんはとても悲しかった

 

 

でもこれは先生が勝手にそう思ってるだけでしょ。

ホントは嬉しかったかもしれない。

 

 

令和の虎で岩井社長が、

卒業後直ぐ起業しても20年生存率0.3%

人に迷惑を掛けるから(主に金で)いきなり起業すべきではないと言っていた。

 

聴いて思ったのは、

だとしたら金を出す方が愚かなんだ。

あんたはどうなんだ。人に迷惑を掛けずに生きられるヤツなんているのかよ。

 

 

可能性が0じゃないなら0.3%あればいい。

 

 

 

畏怖と親しみを込めて悪魔と呼んでくれ

 

「資本主義の搾取という刀」で相手の首を落とそうとしてるのに、相手を傷つけないよう
怖々と振り回してどうするんだ。

 

「責められたくない」「恨まれたくない」「対応したくない」

 

それは“弱さ„でしかない。

 

 

奴隷は生かさぬように殺さぬように

 

彼女は絶対的なまでに言われたことしかできない。

機械のように正確で、壊れたテープレコーダーのように同じところを再生し続ける。

何ひとつ間違うことがない。

 

免許を取りに行った時もそう。

教官に“ひっかけ問題„だから答えは反対を書けと教えられれば、
試験で全問不正解になった。

100点満点だ。

 

Aという5000円で売れる商品の仕入れを値1000円で頼めば、
100円で買えても2000円で買えても、絶対に買ってこない。

似通った商品と見間違えることもない。

絶対に間違えないのだ。

 

言われたとおりのことだけを誰よりも確実にこなす。

 

そして、誰にも心を開かない。

 

 

だから、俺が生かしてやる
お前の類まれな素晴らしい能力を活かしてやる

 

お前らしく生きられるように

 

老いても関係ない。
若いうちだけで使い捨てのアイドルや風俗嬢のようなことにはならない。