親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

日常生活で絶対役立つマインドリーディング

 

今回は、日常生活で絶対役立つマインドリーディングについてお伝えします。

マインドリーディングは日本語に訳すと読心術

“人の心を読む力 „になると思います。

 

マインドリーディングを身につけた先に何が待っているのか

それは相手の特別な存在にあなたがなれるということです。

 

本来は、エンターテイナーとして活躍するために必要なスキル=マインドリーディング

という認識の方も多いと思います。メンタリストという言葉も広く定着していますし。

要は芸能人やマジシャンですね。

でも僕や多くの人はエンターテイナーという職業ではないワケで、あくまで日常生活において、特定の相手のメンタリスト、特別な存在になりたいのではないでしょうか。

 

特別な存在„になれれば、相手を意のままに操り支配することが出来ます。

商品も売れます。異性も魅了します。仲間も増えます。あなたが頂点のコミュニティも作れます。

 

すなわち人生が思い通りに運びます。

 

 

マインドリーディングを身につけるために必要なこと

 

マインドリーディングへの理解を深めていくと

 

相手を観察して、相手の好みをすべて記憶して、コールドリーディングを駆使する

これが必要であることが分かります。

コールドリーディングとは、相手を理解し寄り添いながら人心誘導する会話術です。

 

頭で理解しているだけではダメで実践を積む必要がありますが、

これが出来るようになると、
日常のあらゆるコミュニケーションにおいて、常にあなたが「主導権を握れる

 

だから、マインドリーディングは職業が何であれ、
身につけるべき一生モノのスキルであるといえます。

 

 

コールドリーディングの本当の力

 

日常において人は誰しも、自分の深い心の内を周りに隠して生きています。

あなたもそうではないでしょうか。

その人だけが持つ心の傷、深い悩みや価値観

人に言えなかったり、言いたくなかったり、

場合によっては伝えたくても伝えられない、ましてや伝わる筈もなくて、

伝えようとすることさえ危険だったり…

 

それは正常な判断ですが、本来は深い悩みや価値観であればあるほど、

人に伝えたい」「さらけ出したい

という想いの方が強い筈なのです。

 

ですが普通は他人に伝えたところで、相手が何かしてくれるワケでもないし伝わらない。
相手には相手の考えや価値観があり否定されるかもしれない。

こういった諦めにも似た気持ちが、普段は「人に伝えたい」という強い願望を押さえつけているのです。

 

でももし、仮に自分の気持ちをすべて受け止めてくれる相手に出逢えたのならどうでしょうか。

安心を感じ不安を取り除いてくれる存在。

もし、相手がそう感じたとしたなら。

 

その時は、本来の強い願望である自身の深い心の内を「さらけ出す」ことを選ぶのではないでしょうか。

それは、“希少„で“好意„に値し“依存„にもなり得る。

 

希少性と好意と依存により、相手にとっての特別な存在が完成します。 

 

大事なのは相手から自主的に話させることと、

そのための演出(自分は相手と同じ気持ちを共有できる人間であるという)

 

 

この記事では“ラポール„の三大構成要素の最後のひとつ“希少性„についてお伝えしました。

権威と好意についてはこちら

 

 

ここまでくれば、その後のマインドコントロールが容易になるのは、言うまでもありません。

 

 

これまでお伝えしてきたことをマスターしたい方は是非、ご参加下さい。
マルチサイドプラットフォーム