バイナリーオプションごとうびロジック

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

ゴトー日を狙ったバイナリーオプションの手法

 

ご存知の方も多いと思いますが、様々なサイトで五十日(ごとうび)を狙ったバイナリーオプションの手法が無料公開されています。

この記事では「他のサイトで無料公開されているゴトー日のロジック」と「MSPOで使っているゴトー日のロジック」との違いについて詳しく解説していきます。

ゴトー日の手法で特徴的なのはテクニカルが殆ど必要ないので、本当に正しく理解すれば素人の方でも簡単に継続的な利益が出せるということです。

 

ゴトー日

五十日(ごとうび)とは、5と10の倍数に当たる日にち、5日、10日、15日、20日、25日、30日のことです。

5と10の倍数に該当する日が土・日・祝日の場合は手前の営業日に前倒し。
30日がない月は最終営業日となります。

 

五十日(ごとうび)は、貿易で日本企業が海外企業への決済日であり、「仲値」が顕著にあらわれます。

 

仲値

仲値とは、金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことです。

午前9時55分のインターバンク市場の水準を参考にレートを決めており、銀行側は仲値を高く設定することで取引において利益を得やすくなります。

 

ですので、この傾向を利用し毎月一定の勝率を上げていくロジックとして多くのトレーダーが情報発信のネタとしています。

 

 

無料で公開されているバイナリーオプション ゴトー日のロジック

 

五十日(ごとうび)のエントリー方法として無料で公開されている情報を以下にまとめました。

胴元 ハイローオーストラリア
通貨ペア USD/JPY
判定時刻 サイトにより考察が異なる
取引時間 15分取引
エントリー時間 9時55分
ハイ or ロー サイトにより考察が異なる
マーチン なし

 

銀行側は午前9時55分に合わせて円安(チャートが上昇)に仕向けて行くという傾向があるため、以前はハイエントリーを推奨しているサイトが多かったのですが、しかし午前9時55分を堺として今度は逆に円高(チャートは下降)となりますので、最近では午前9時55分にローエントリーすることの優位性を述べている方もいます。

断言しますが、大前提としてローエントリーで行った方が遥かに良いです。

 

先ず、ハイエントリーのロジックでは勝率が安定せず、勝敗に個人差が生じています。
またローエントリーを推奨しているサイトであっても「勝率8割以上」と誇張気味であり、検証が甘く「かゆいところに手が届かない」考察であることから、予めエントリー日時や条件が分かっている簡単な手法といえども、記載されている情報だけを頼りに実践するのであれば、勝ち続けるのは非常に難しいといえます。

 

具体的には「弾かれないための方法」「弾かれた際の対処方法」「リスクヘッジ」が細かく説明されておらず、本来考慮すべき「日時の条件」や「取引時間」「エントリーの仕方」も当てはまっておりません。

 

と、ここまではよくある解説・考察なのですが、一方MSPOでお伝えしているエントリー条件はすべてにおいて明確な基準があります。

 

 

MSPOコミュニティのバイナリーオプション ゴトー日のロジック

 

先ず、僕のコミュニティMSPOメンバーでこの手法を実践し利益が出ていない方はひとりも居ません。

バイナリーオプションごとうびロジック

バイナリーオプションごとうびロジック

バイナリーオプションごとうびロジック

バイナリーオプションごとうびロジック

バイナリーオプションごとうびロジック

 

無料で公開されているゴトー日情報との違い

繰り返しになりますが「明確な基準」と何故、その条件でエントリーする必要があるのかを分かりやすくまとめております。

曖昧さを回避したロジカルシンキング。

勝率から割り出す購入資金量は勿論、本来エントリーすべき日時での具体的なやりよう、そのすべてです。
※原則ファンダメンタルズを考慮する必要はありません。

それをもってして、始めて勝率が3ヶ月のスパンで考えていただいた場合に実践者全員が7割以上に収束します。

つまり決して魔法のようなものではありません。
正しく理解し実践することで、勝ったり負けたりを繰り返しながらコツコツと確実な利益を積み上げていく手法です。

 

・ゴトー日を正しく理解すること

・弾かれないための方法

・弾かれた際の対処方法

・具体的なエントリーの時間

・具体的なエントリーの仕方

・具体的なリスクヘッジ

 

本年度と来年度のエントリー日時は教材に掲載しています。

また、教材をお買い上げいただくことで、再来年度のエントリー日時はご自身で割り出すことが可能です。

未来のことは誰にも分かりませんが、一時的なものではなく、今後も変わらずに長く使える安定した手法であると自負しているのと共に、大半の人が負けているバイナリーオプションの市場において、大事なのは嘘偽りなく淡々と事実のみを述べることだと思います。

「失敗は成功の母」と言いますが、「失敗続き」負けが込む状態において、ギャンブル中毒でもなければ「それでも頑張って続けよう」と果たして本当にそう思えるでしょうか。

ビジネスでも投資でも、実際には「小さな成功体験」によってのみ、人はまた前を向いて頑張れるのではないでしょうか。

 

僕はよくブログ記事などで「再現性が高いものは直ぐ真似されるから儲からない」だから「再現性の高さはクソだ」とお伝えしてきました。

その通りですよね。でも実は「せめて周りの人だけは僕がお伝えする情報で全員結果が出せたら良いな」「継続して利益が出せる再現性100%はないものか」と考えてもきました。

これは、そんな想いでコミュニティメンバーのために長期間に渡り研鑽(けんさん)を重ねてきたロジックです。

 

そんな中、今回は例えコミュニティメンバーではなかったとしても、今まで上手くいかなかったひとりでも多くの方が、この手法で「小さな成功」を手にしてもらえたらと思い、比較的手を出しやすい価格で公開することを決めました。

だから極論「ゴトー日にローエントリーするだけ」というシンプルでありながらも、巷で出回っているゴトー日のロジックとは似て非なるものです。

 

ここまで読んでいただている段階で、ゴトー日のロジックで大事なことを9割書いていると思いますが、勘のいい方でも気づけない残りの1割こそがミソなのです。
もし、本当に残り1割の部分に気づけたのであれば、無理に教材をご購入いただく必要はありません。(とはいえ、恐らく気づかないと思います)
それに教材を買わなくても、上記を隅々まで読んだだけでも利益は上がることでしょう。

 

でも、もしもあなたが、今回僕の提示する販売価格以上の価値と可能性を少しでも感じてくれるのでしたら、無料情報では決して得られない、嘘もない、より安定した本当の勝率をお約束いたします。

更に今回、この記事では一切内容は書きませんが、別の手法もこの教材をお買い上げ頂いた方限定で公開しております。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

コンテンツの価格は33,000円です。
ご購入後は、有料ページに直接ジャンプします。
ご購入してくださった方は、必ず有料ページをブックマークしてください。
ブックマークせずウィンドウを閉じてしまった方は、お問い合わせください。

 

 

ありがとうございました。