親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

その1

セールスコピーライター養成講座!SNSのバカ共を皆殺しにするマインドを持て

 

純然たる事実を事実として発言すると、何故かネガティブだと批評される。

ネットビジネスで烏合の衆コミュニティではありがちだ。

それは誰かにとって不都合な真実。

 

人というのは、その事象により引き起こされた問題にいちいち『意味付け』したがる。

 

だからバチが当たった

だから上手くいった

だから稼げない

だからこれを買う必要があった

 

自分で自分を納得させる為に。

 

かの有名なダンケネディは1日に10人の敵を作れという。
敵もいないのに味方なんて出来ない。
一人の敵も作れない人は、一人の友も持てないというワケだ。

 

だから、気にせずに

SNSのバカ共へファックオフ(Fxxk off!)をたたきつけろ

 

クラッシュが

観客の皆さん、どうか僕たちの曲を聴いてください

 

と演っている頃、

 

ピストルズはひたすら

ファックオフをたたきつけていた

 

 

 

MSPO参加特典一覧】

 

①全てファックオフでお返しします

②別料金で有料セミナー参加権利

③神聖なるLINE@登録権利

④メインコンテンツ入信権利

⑤当社の情報商材フルコンプリート購入権利

⑥吞み会誘ってもらえる権利

⑦個別でクロージングしてもらえる権利

⑧僕のようにパーフェクトエゴイズムを満喫しながら生きられるようにしてもらえる権利
※一生、他人如きに振り回されることが無くなります

⑨ドブる前に俺という高尚な存在から教えてもらえる権利

⑩あなたのサービスを受けるのは私なのに、お金を払うのはあなた

 

 

その2

セールスコピーライター養成講座!SNSのバカ共をどん底へ突き落してから蜘蛛の糸を垂らせ

 

自分一人の力では何も出来ないと、ひたすら読み手に思い込ませる。

そして歩み寄り…あなたの商材が唯一の光だと信じ込ませる。

高すぎる壁を感じさせて、その壁を乗り越えるために必要なメンターは、あなただけだと洗脳する。

 

読み手は、ひよこだと思えばいい。
ひよこが、生まれて初めて見たものを親だと思う習性。

 

コピーが書ける程度で稼げるワケがない。

成功するための必要な構成要素のひとつに過ぎない。

成功するための必要な構成要素は、それぞれを分離させて同時に考えないことが大事。

 

自分に足りないものを知り、分からないことが分からない状態を脱した先にあるのが、

目的思考

自分に欠けているピースの内、絶対にコピーライティングを学ぶべき時が来る。

 

 

僕は誰かからコピーライティングを学んだことはないし、これから先も一生学ぶことはない。
学びたいとも思わない。
添削を頼むような人は、自分の能力の低さに絶望すべき。

 

普段、どこからインスピレーションを受けているかについて語るなら、内面をさらけ出す必要がある。

 

マイ・ウェイ!自分の道を歩んだ悪魔のコピーライティング

 

 

その3

セールスコピーライター養成講座!存分にパクり作り替え、引用しろ

 

それは凄く自然な行為で、

ルーツのない音楽はクソで、

盗まない芸術家はダメな芸術家で、

アイデアというのは、既存のモノから昇華させていく。

 

ゴーギャンのように、自分が書き終えた文章にはもう興味がなく、次の創作に入るならば、どんな文章もこの世に残せる最後の遺書だと思って書けばいい。

 

 

その4

セールスコピーライター養成講座!イメージコピーとレスポンスコピーを駆使しろ

 

イメージコピー

イメージコピーとは具体的なベネフィットが無く
【芸能人は歯が命】とか耳に残るだけのやつ。

 

レスポンスコピー

レスポンスコピーとは
【〇〇で歯を磨くと、歯が真っ白になって尚且つ虫歯にもなりにくく、人と笑顔で話せるようになる】みたく
『だから絶対買うべき』と暗にいっているもの。

BEAFの法則のB=Benefit(ベネフィット)とF=Feature(フィーチャー)の部分。
※BEAFの法則は『その6』で解説している。

 

 

その5

セールスコピーライター養成講座!新田祐士のストーリーライティングを織り交ぜろ

 

ストーリーライティング

イメージコピーレスポンスコピー、それをストーリー仕立てで混ぜる。

キャラクタービジネスといえる。

 

闇堕ちのすすめ 【考察】すべてがうまくいく自己肯定感の圧倒的向上

 

ミンティアさんこと新田祐士に学ぶ人の心を動かすストーリーライティング

 

 

その6

セールスコピーライター養成講座!BEAFの法則で理性を破壊し感情に訴えろ

 

Benefit(ベネフィット)

Evidence(エビデンス)

Advantage(アドバンテージ)

Feature(フィーチャー)

 

Benefit(ベネフィット)は購入することで得られる明確なメリット。

Evidence(エビデンス)は証拠(実績画像や映像)

Advantage(アドバンテージ)は他社との競合優位性。他社と比較してどう優れているか。

Feature(フィーチャー)で商品の特徴を擦り込んで、今買わなければならない理由を作る。
未来のなりたい自分像をイメージさせる(購入する前と後で)

 

論理的な文章構成を磨き上げることは基礎中の基礎。
BEAFの法則で疑問や買わない理由を徹底的に潰しきって、それでもなお最後の仕上げは感情を揺さぶって購入に至らせる。

今までの僕のコピーライティングが一見そうなっていないように見えても、それは全て意図的にやってきた。

その理由というのが…

⇓⇓⇓

 

 

その7

セールスコピーライター養成講座!マーケットインではなくプロダクトアウト

 

マーケットイン

マーケットインは、市場をリサーチして顧客ニーズを重視、細かくターゲッティングしてから製品開発を行うこと。

 

プロダクトアウト

プロダクトアウトは、作り手や売り手が作りたいもの、売りたいものを製品開発すること。

 

要はリスト如きに媚を売ってんじゃねーよ!みたいなことだ。
リーチしても始めから一定数は捨てる覚悟。
そうすることで、あなたにも濃い関係が築ける人が必ず現れる。

 

最初は『人がギョッとするような言い回し
斬新で『とんでもないインパクト』で表に出ていく。

とんでもない期待値』で暴れまわる。
確かな実力』に裏打ちされているように書く。

その他大勢に
埋もれない』『かき消されない』よう独特の表現技法を心掛ける。

どんな表現技法でも構わないが、一見して、あなたのそれだと分かる文章を書く。

 

 

その8

セールスコピーライター養成講座!木坂健宣のMSPを現実化しろ

 

MSP(Me Selling Proposition)

これら自分のMSP(Me Selling Proposition)、つまり世界観を、現実に引っ張り出してくるところから始める。

その後からいくらでも上塗りしてイメージコピーレスポンスコピーで、論理的文章を書きまくればいい。

 

木坂健宣にみるマーケティング不要論

 

カートは

あからさまなのは好きじゃない あからさまだと冷めた時が辛い

と云い

ビリーは

分かりやすくてあからさまなのが一番だ

と云う。

 

でもこれは僕のなかでは同じことだった。
そのどちらもカットアップを混ぜて効果的に使いこなす。

 

これからの僕は更に、非常識な稼ぎ方をBEAFの法則で売り込まずして売り込む。

 

催眠のすすめ マインドコントロールによる圧倒的売上向上

 

 

その9

セールスコピーライター養成講座!刺さるコピーライティングはカットアップだ

 

カットアップ

カットアップとは、切り刻んだテキスト。
フレーズをバラバラにして組み立て直す。
執筆や作曲で用いられる。

 

僕のコピーライティングはカットアップだ。

例えば、韻を踏んでいる歌詞をイメージしてほしい。
ヴォーカルメロディーに当てはめなければならない。

 

それは、あるべき言葉がそこに無い

 

 

具体的にチバユウスケの詞なら

 

あいつの鳴き声で
マーガレットのガラス板
世界を全部道ずれに
ピアノみたいに割れた 

 

 

読み手へ解釈の余地を残す。
読み手へ常に想像させることが出来れば、読み手に合わせた相応しいもの、異なるものに変化する。
各々が答えを見つけられるようなものになる。

明日のジョーは“燃え尽きただけで死んでいない„みたいなとこだ。

これが必ずしも、あからさまでなくても良い理由。

ここはFeature(フィーチャー)で使う。

 

逆に購入するメリットは何よりもあからさまにする。

ここがBenefit(ベネフィット)の部分。

 

 

Benefit(ベネフィット)を具体的にイメージさせると同時にFeature(フィーチャー)では想像力を掻き立てさせる。

 

 

 

これが僕の悪魔のコピーライティング

 

 

誰の理解も求めていない

心臓をエグる私怨と情念

悪魔のコピーライティング教材
↓↓↓

俺と悪魔のノンフィクション ピカレスク文学 コピーライティング術