ビジネス 本質 争い

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

血が通っていない僕は、血行も悪い。

 

 

 

 

君が思うほどこの世界は狂ってないわけじゃない

 

 

「徳を積もう」って感情を抱いている人って、とんでもない欲望の固まりだ。

良いことをして、良い人に思われたくて、見返りが欲しい。
 
恐ろしい欲望…
 
 
自然にやってたら、いちいちそんな感情吐かねーよ。

 

 

 

ビジネスの本質は争い。

 

殴り合いのバッチバチ。息の根を止める。殺すまでやる。

 

ガキが戦場で銃や手榴弾で襲ってくるなら、躊躇わずに撃つ。

 

 

 

狂った、せどり・物販業界

 

表でマトモそうな情報発信をしながら、裏ではスーパーコピーや質の悪い偽物を売りさばく、せどり情報発信者。

信用してソイツに見せたら最後、人の情報商材を丸パクりして、自分の教材として売ってしまう、せどり情報発信者。

ヘルビ初回はグレーなんで辞めましょう!真っ当なせどりをしましょう!と言ってた次の瞬間、ヘルビ初回の手法を勧めまくる、せどり情報発信者。

お前、何色なんだよ。

 

何故、僕がまた、せどり・物販ビジネスをやろうと思ったのか

 

読者の方にウケが良いから。

西野隆さんの音声を聴いたから。
(何でも稼げるという本質にたどり着いた)

与沢翼さんもOEMで醤油などを売っている(売っていた)と聞いていたから。

 

リストが足らないから。

ブローカー案件や株・為替のコンテンツだと、どうしても一定の基準(最低、数百万円は自由に余剰資金として何時でも使えるなど)を満たした人だけを絶えず集客し続けないといけないし、それだけに偏ると、いずれ本来のプレーヤーとしての実力との狭間でバランスを崩す。
軸のひとつとして物販の安定収益を心掛けることの方が今の気持ちとしては大切。
一時的にしか続かないビジネスの誘いは暫くの間、徹底排除しようと考えた。
一流のせどらーとトレーダーであり続ければリストも最悪要らない。

 

そのうえで自社コンテンツとして販売することほど、自由度が利くモノはない。

 

 

狂った、情報業界、ネットビジネス

 

この世にはもう、ウイルスに侵された人しか居なくって…

noteやBrainで情報商材やオンラインサロン売ったりコンサルで金取りたい人しか居なくって…

クラウドファンディングのリターンで物品渡すから糞だと気づかず支援するエタヒニンしか居なくって…

嘘や誇張、事実、色んなモノが混ざり合って複雑に絡み合っている。

ゴミ売り込め騙し取れ、僕も私も君もあなたも…皆キチガイ…ミンナキチガイ
小学生のガキから80代まで、みんなでやろうコンテンツ販売。
自分解放系?wのセミナーやってるヤツとかも一周回ってキチガイすぎてマトモ。

 

狂ってるこの世界では一番狂ってる僕が一番マトモだ。

 

 

狂っちゃいないぜ

 

僕はただ書けば新田祐士みたく億を売り上げる理想に近づいていく。

花の慶次風に言えば、
【負け戦こそ面白いのよ】(ひっくり返すのが)

特攻の拓風に言えば、
【始めからデケーとこ行ってもつまんねぇよ、自分が命掛けられるチームじゃないと】

スラムダンク風に言えば、
【まだ慌てるような時間じゃない】

 

 

もし⇓っていうのがLINE@(ライン公式アカウント)に登録してもらった後の最初の挨拶文だったら…

先ず手始めに私を評価しないものは皆殺し!!

それに反対するものも皆殺し

私を満点評価するものにのみ生きる権利を与える!!

登録とブロックは同時だろうか… ピストルズすぎる。

 

 

具体的に稼げるノウハウの特典多数
↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

これが僕の悪魔のコピーライティング

 

 

誰の理解も求めていない

心臓をエグる私怨と情念

悪魔のコピーライティング教材
↓↓↓

俺と悪魔のノンフィクション ピカレスク文学 コピーライティング術