バカラオートのRAY-9やNATURAL EIGHT,D-BAC

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

久保徹朗 例のやつって例のヤツ?【オンラインカジノ】

 

久保徹朗さんが例のやつと言っているジェイコスメのMLM(ネットワークビジネス)

死ぬほど胡散臭いLP(ランディングページ)だけれど、ネットワークビジネスとしては極めて優秀な案件であり、HYIP(ポンジスキーム)なんかよりよっぽど良い。

当時の僕と違って彼には見極める目があったことが、本当に羨ましく素晴らしいと感じる。

彼のYouTube動画の内容は8割クソで2割は神。

全部とは言わないまでも、吉谷卓朗と久保徹朗は殆ど観た。

ボットン便所に溜まった糞で和えた蠅の死骸を差し出されるみたいに、どうしようもない動画が大量にあったけど、天才も育つ脳ミソ部分だけ吸収した。

 

久保徹朗さんがオンラインカジノの権利にも投資し始めたそうだから、それはRAY-9かな?違うかな?などとどうでもいいことも一瞬思ったからブログ記事にすることにした。
多分違うと思うし、どちらにせよ僕はやらないのだから。

 

 

バカラオートシステムのRAY-9とNATURAL EIGHT

 

RAY-9とNATURAL EIGHTの説明は他のアフィリエイターが大勢やっているし、僕は勧めるワケでもないから大して書かない。
代わりに僕の視点で見解を書いていく。

システム代10万円と軍資金10万円を用意。
毎月のバーストガード代 月/13,000円も用意。

これが始める時の条件。

バーストガードは全損した際、発動する。
全会員から集めた保険料(月/13,000円)のなかから賄われ、月40%の利益が足されて資金が復活(つまり全損した場合に限り14万円が保証される)
当該アカウントは、その月もう取引は打ち止め。

 

最初に思ったのは、不特定多数のアカウントが同じ動きをするのに

バカラのオートベットでアカウントにより勝ち負けが異なるのは何故か

 

答えは、

張るのはバカラの本線のみ。
PプレイヤーとBバンカーで勝率は常に50%。

打ち方は10種類。
PPPがずっと続く。
BBBがずっと続く。
PBPBが交互など。

ロジックは3種類。
マーチンゲール法など。

バカラの台は6部屋。

入会日の違い。

稼働ボタンを押した日時の違い。

 

 

次に、

ネムたいのは、換金したいなら一度ゲームチップを相対取引の板で売却しなければならないことと、
バカラオートシステム RAY-9やNATURAL EIGHT,D-BACの関係性

RAY-9やNATURAL EIGHTの利用者以外で、負ける客が圧倒的に必要なこと。
いずれはバーストガードを廃止しての別コンテンツとしてオファーが掛かるか、他で生贄は捧げなければならない。

年末年始(2019/12&2020/01)にスタートした客はロジック変更の憂き目に遭い利益が上がらなかった。
(現在は以前のロジックに戻っている)

オンラインカジノ側とシステム提供者側は少なからず繋がっているのではないかということ。

 

 

バカラオートのRAY-9やNATURAL EIGHT,D-BACの関係性

 

NATURAL EIGHTはRAY-9のOEMで中身は同じ。
更に裏側はD-BACの可能性。
D-BAC会員はシステム料の10万円は払わずに参加出来るが、代わりに月額費がバーストガード代よりも掛かる。
D-BACはMLM(ネットワークビジネス)で相当な数のダウンを付けなければ参加する意味がそもそもない。

 

まあ、こんなところ。

 

具体的に稼げるノウハウの特典多数
↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

唯一無二の残酷すぎるビジネスコミュニティ

 

数々の戦術を組み合わせ、唯一無二の戦略を構築

マルチサイドプラットフォーム・オーケストラ 

遂に解禁!

詳しくはこちらから

↓↓↓

マルチサイドプラットフォームオーケストラ