【結局金かよ】Withコインと友と食べたいチーズフォンデュ1選

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

Withコインとチーズフォンデュ

 

ある日、僕は『10億分のBTC(ビットコイン)を円へ替えたい社長がいる』と知人から話をもらった。

でもやり取りを重ねるうちに、その10億はICOにいれているので、上場したら両替したいと聞いた。

凄く嫌な予感がしながら、ある日の午後、打ち合わせのため、待ち合わせのホテルへ出向いた。

最上階のバーラウンジ。
知人2人とその社長さん。
10億は色んな人が色んな人から集めた金だ。

そこでご馳走になったチーズフォンデュに「なんだこの美味い食いものは!」と思った。

夕方になるとピアニストの生演奏。会話が聴き取りづらくなり鬱陶しいだけだった。

まあ、予想は的中し、かつて10億だった紙はWithCoinという電子ゴミに変わっていたので、これ以上話すことは何もなかった。

with coin

それからも色んなジェットコースターに乗ったけれど、何時まで経っても離陸出来ず、羽をもがれた僕はもう飛べなかった。

 

 

チーズフォンデュを食べに行こう

 

あれ以来、僕はチーズフォンデュ中毒になってしまった。

打ち合わせがあると、チーズフォンデュが食べたいから、チーズフォンデュが食べれる店に予約を入れた。

 

また別の日、佐々君に「今から昼飯に行こう」といきなり電話した。
普通は15分もあれば準備出来ますよね?
15分後には彼の家に着くという時間も計算に入れて近くからTELしており尤も合理的な行動でした。
そして「夜はハマってるチーズフォンデュを食べに行こう」とも伝えました。

彼にはメリットしかありません。

チーズフォンデュを食べれるという明確なベネフィットを提示しました。

でも彼は断りました。
僕も粘りましたがダメでした。

ムカついた僕は後日アポ無しで夕方にいきなり突撃して、彼のマンションのドアをど突きながら
お金を借りて返さないのはドロボーですよ!ご近所の皆さ~
ん、ここにドロボーが居ますよ!!!
と喚き散らして撤退しました。

同日の深夜、再び佐々君の家のドアノブをガチャガチャやりながら同じ行動をしていたら警察を呼ばれました。
警察は僕の正当性を認めてくれましたが疲れました。
佐々君は僕とチーズフォンデュを食べに行くという約束を果たしてくれるのでしょうか?
今月の生活保護費が支給されたら、佐々君にチーズフォンデュを奢りたいと思っています。

 

 

情報発信者とチーズフォンデュと私

 

この前、雑魚せどらーターゲットの情報発信者の方とお会いしました。
マトモ面したキチガイでした。

その場には、雑魚トレーダーターゲットの情報発信者の方もいました。
マトモ面したキチガイでした。

僕が「え?リストって焼いて金に変えるモノじゃないんですか?それ以外、そのゴミ共に何の価値があるんですか?」と訊くと苦笑してました。
隣に居た佐々君とマズい酒になりました。

↓↓↓↓あわせて読みたい記事↓↓↓↓

リストはすべて焼き尽くせ!考えるべきは如何に搾るか

雑魚せどらーや、雑魚ブッキー、雑魚トレーダーから搾り取れるって凄い才能だと思います。

僕も僕でリストを焼いて構わない方はご連絡頂ければ、それなりに稼がせる事が出来ますので、宜しくお願いいたします。

焼かずに済むかもしれないし、焼き殺すかもしれない、どちらでも問題ありません。

 

 

【結局金かよ】友と食べたいチーズフォンデュ1選

 

俺がチーズフォンデュが好きでこんなにこだわってるのはな、それが友の味だと感じたからだ。

金が無くて食べたいものも食べれなかった。

行きたい場所へ行けなかった。

もうどこにも住めなくて、車検切れの車の中で生活するしかないと思った。

 

でも、もし1万円があっても、チーズフォンデュは友達がいなければ食べることは出来ない。

独りで食べに行くようなものではないからだ。

 

そんな味が俺にとってのチーズフォンデュだ。

死ぬ最後の日に食べたいのは、どんな高級料理より母親の手料理だけれど…

 

こんな狂った記事を最後まで読んでくれて、どうもありがとう。