stripe(ストライプ)の保留金!凍結&資金保留はPayPal以外でも…

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

stripe(ストライプ)の保留金!凍結&資金保留はPayPal以外でも

 

当社では、決済システムのひとつとしてPayPal(ペイパル)のライバル会社であるstripe(ストライプ)を導入しています。

 

はじめに何故、stripe(ストライプ)を選んだのかについて解説します。

 

stripe(ストライプ)を使った自動収益化

noteのようなプラットフォームの販売形式を自社媒体のブログで行い自動化したいと思ったからです。
有料のテキストコンテンツ、動画コンテンツ、音声ファイルやPDFもブログ記事内へ埋め込んでしまえば良い。

 

↓↓↓↓stripe(ストライプ)ではこのような販売戦略も可能です↓↓↓↓

アップセル・クロスセル・ダウンセルをブログだけで同時に売る唯一の方法

 

stripe(ストライプ)は即利用可能

stripe(ストライプ)のアカウントは直ぐ開設出来ますし、ワードプレスにプラグインを導入して設定してしまえば、当日から直ぐコンテンツ販売を開始出来ます。

 

stripe(ストライプ)の売上は自動入金

stripe(ストライプ)は、PayPal(ペイパル)のように出金申請しなくても一週間で指定口座へ自動で着金しますし手軽で便利です。

 

stripe(ストライプ)は資金凍結の噂が無かった

せどり情報発信者のみならず、ネットビジネスのコンテンツ販売者達の間でPayPal(ペイパル)の資金保留やアカウント凍結が、今もなお話題になっていますよね。

eBay(イーベイ)のセラーや何かしらのコンテンツ販売者にとって、資金保留や凍結は死活問題です。
ダメージとしては、Amazonアカウントの保留や閉鎖に近いものがあります。

 

 

stripe(ストライプ)でも保留金が発生!

 

最初にFacebookで下記の投稿を目にしました。

stripe(ストライプ)の保留金!凍結&資金保留はPayPal以外でも…

 

もしかしたら、stripe(ストライプ)でもヤバいかもなと感じ始めた矢先、PayPal(ペイパル)同様の事象が当社でも発生しました。

stripe(ストライプ)で保留金が発生するパターン

上記2枚の写真をご覧いただければ、分かりますが、

 

・ユーザーからのクレーム

・短期間での高額な売上

・販売件数の極端な増加

 

アカウントの強制解約もあるみたいですね。

 

当社の売上件数や売上額に応じて、毎回このような対応を強いられるのであれば非常に不安要素となります。

 

「お気をつけ下さい」といったところで、「どうやって気をつけるんだよ!」というワケで「気をつけようがありません」
ビジネスは何事も最悪を想定してリスクヘッジしておくしかないのです。

 

 

stripe(ストライプ)の保留金は解除されるのか

 

LINE@で情勢に合わせて、継続的にお伝えしていくと共に個別具体的なアドバイスも無料で行います。

↓↓↓↓stripe(ストライプ)のアカウント強制解約↓↓↓↓

stripe(ストライプ)の保留金→強制解約を喰らいました(PayPal同様)

 

また当社では、HP制作やstripe (ストライプ)などの決済導入サポート、コンサルティングも承っております。

 

是非、ご相談下さい。

 

 

リアルビジネス&ネットビジネス
せどりノウハウ・為替ロジック・バカラツールの特典多数

↓↓↓↓↓↓↓↓