西野隆の「何でも稼げる」発言が勇気をあたえた話

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

西野隆の「何でも稼げる」発言が勇気をあたえた話

 

以前の記事で書いた通り、僕は西野隆さんの過去メルマガや音声も聴き漁っていた。

↓↓↓↓以前の記事はこちら↓↓↓↓

金を失ったから新田祐士や木坂健宣、西野隆をインストール出来た話

思った通り思考回数、試行回数が多い人だった。

100%ヒットを飛ばしてきたワケでは勿論ないし、イチローの理屈と同じだ。
だからこそ素晴らしい。

 

西野隆さんのうまくいかなかった例

※当時の話

メルマガのコピペみたいになってしまうから、ざっくりまとめたものをお伝えすると

 

■ 代理店ビジネス(時間的損失)

 

■イベントビジネス(クラブとかで行われるやつ)

マイナス100万

 

■ モデルプロモーション事業

マイナス300万

 

■若者への投資

マイナス500万

 

■ 他社の販売戦略の手伝い

(個人的なマイナスはないが上手くいかなかったとのこと)

 

 

西野隆さんのうまくいった例

※当時の話

 

■サイト運営&アフィリエイト

年商1,800万、利益専1,000万(3年)

 

■システム開発

利益1,000万~2,000万(3年)

 

■カレー屋

利益月3万

 

■オークションビジネス

年商5,000万、利益2,800万(1年)

 

■ネットショップ

年商6,000万、利益3,500万(1年)

 

■ PPCアフィリエイト

(上場企業の専務の報酬位)

 

■上記の個人事業→法人化

最高年商30億 トータル56億強(3年)

西野隆さん本人がいなくても回る仕組みを作って後に事業売却。

 

内訳

システム開発は最高年商10億までいく

貿易
物流系のシステムをつくったことから貿易業へ発展させて最高年商20億までいく

 

■自分の会社経営経験を生かした法人コンサル

年商6億円稼がせる。

 

■自分の資産運用しながらの投資

年収1億円弱。

 

彼は「ある特定の分野で成功した人は、まるでそれしかないかのように言うが、その思考が危険だ」と云い、あらゆるスキルはネットビジネスでもリアルビジネスでも全ての事業に応用出来る。その土台がマーケティングやコピーライティングであると…

だから何でも稼げるんだ…と。

 

ホントにその通りだ。

 

ことさら顧客との関係性が希薄なところから始めるネットビジネスにおいては、
機能的価値感情的価値のふたつを満たす必要がある。

こちらから売り込まなくても、顧客が欲しくて欲しくてたまらなくなるものを作れば機能的価値だけで売れてしまうワケだが、そこに強烈なラポールが形成されていれば、売上は何倍にもなるだろう。

ラポールとは信頼関係のこと。

これからコンテンツビジネスを始める人は、オンラインの関係をオフラインへ繋げて強烈なラポールを形成する努力をめんどくさがらずにやるといい。

↓↓↓↓ラポール形成とオンライン・トゥ・オフラインはこちら↓↓↓↓

催眠のすすめ マインドコントロールによる圧倒的売上向上

逆に感情的価値だけでは商品は売れない。
いい人」系「人柄」系って僕が勝手に名付けたけど、権威なくして魅力無し。

ファンの定義はお金を払ってくれる人のことだし、感情的価値以上に機能的価値は優先される。
感情的価値は機能的価値という土台の上に乗るものだと言い換えてもいい。

自分だけの確固たるビジネスを持っていれば、言いたいことを我慢する必要も取引先に媚びへつらう必要もない。

 

これから、

情報業界のを大暴露するコンテンツを公開します。
仕掛ける側の視点を持ってもらおうと思っていますし、大々的に表に出すには危険すぎる内容です。

こんなことを言ってくれる人、教えてくれる人はまず居ません。

短期間で公開は終了する予定ですが、コミュニティを創ってコンテンツビジネスを行う方にとって必須のアイテムとなるでしょう。

LINE@へ登録して楽しみにお待ちください。

 

 

 

リアルビジネス&ネットビジネス
せどりノウハウ・為替ロジック・バカラツールの特典多数

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

より深い関係を当方と構築し共に上を目指す方は
↓↓↓↓↓↓↓↓