LUC888のfifties hacker 31システム&ダランベール法 徹底解説マニュアル(フィフティーズハッカー)

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

LUC888のfifties hacker 31システム&ダランベール法 徹底解説マニュアル(フィフティーズハッカー)

 

前回に引き続き今回の記事では、LUC888(バカラ専門のオンラインカジノ)で使える無料ツールfifties hacker(フィフティーズハッカー)で、どのように設定し収益を上げていけば良いのか。

実践ベースで完全解説した70ページ以上に及ぶ資料を差し上げますので、是非最後までご覧ください。

 

↓↓↓↓前回の記事はこちら↓↓↓↓

LUC888のfifties hacker実践結果(フィフティーズハッカー)

 

fifties hacker(フィフティーズハッカー)を用いて有効だと感じるロジックは、31システム&ダランベール法の組み合わせですが、その前にバカラの見解について簡潔に述べたいと思います。

 

LUC888 バカラについて

バカラの期待値はマイナスサムです。

必勝法は存在しません。

ですので、「確実に勝たせます」配信系は全て誇張ですし、何処かのセールスレターやブログに勝っている時のスクショが大量に掲載されていても、鵜吞みにして手を出すと火傷します。

大金のGC(ゲームチップ)を賭けているYouTubeでも運営と繋がっていたりとリアルマネーである証拠にはなりません。

では何故、そういったものとは別に絶対的に不利なフィールドでも一部のプロだけが利益を上げ続けることが出来るのか。

それは利確と損切りを細かく行い、常に勝っているタイミングで止めているからに他なりません。

LUC888ならシステムベットが容認されているため、データの蓄積と共にプロ達のロジックを組み合わせてオートベットシステムが構築出来ます。

 

 

LUC888のfifties hacker(フィフティーズハッカー)31システムのロジック

 

31システムでは、3100GC(ゲームチップ)を31分割。※100GC=約10円
GC(ゲームチップ)の置き方は2通り。

LUC888のfifties hacker(フィフティーズハッカー)31システムのロジック

勝敗に関わらず「1、1、1、2、2、4、4、8、8」とGC(ゲームチップ)を順においていく手法と
負けた場合は「右側の数字のチップ額」 勝った場合は「上の段階のチップ額」を賭けていく手法。

前者の手法は簡単ですので、後者の31システム法のみ解説します。

後者の手法で、バンカー側に100GC(ゲームチップ)を置いたとします。
プレイヤー側が勝った場合、2回目のチップとして右側の100GC(ゲームチップ)を置きます。
2回目に勝ったとします。
そしたら、次のBの1回目である200GC(ゲームチップ)を賭けます。
ここでも勝ったとします。
2連勝したことになりますから利益が確定。

また振り出しの100GC(ゲームチップ)に戻りましょう。
2回目に負けてしまった場合は、そのままBの2回目に移行して200GC(ゲームチップ)を賭けます。
ここでも負けてしまったのなら、右側にはもう数字がありません。
そうしたら「A⇒B」「B⇒C」というように次のステップへ登ります。
このケースならCの400GC(ゲームチップ)ですね。
どちらの投資手法も、Dの2回目の800GC(ゲームチップ)で負けてしまった場合は、諦めてスタートに戻ります。

これが31システム法の2通りのチップの置き方です。

 

下記は1ヶ月3万回を31システムで施行したGC(ゲームチップ)推移グラフです。

LUC888のfifties hacker(フィフティーズハッカー)31システムのロジック

攻守に優れたロジックでも、長期的に工夫なくBETし続ければ、そもそもハウスエッジと言われる確率的に不利な要素を持っているためマイナス域で停滞します。

次に

 

下記は短期的に1シュート(70回)単位でのGC(ゲームチップ)推移グラフです。

LUC888のfifties hacker(フィフティーズハッカー)31システムのロジック

長期的に31システム法を続けると右肩下がりでハウスエッジに削られマイナスになっていく傾向がありましたが、1シュートという短期で見た場合は、プラス域とマイナス域は交互に現れます。

 

31システム法の特徴は、マーチンゲール法のように連敗によってBET額が極端に上がり(ゲームチップ)が大きく減るリスクが少ないことです。

 

 

LUC888のfifties hacker(フィフティーズハッカー)31システムとダランベール法の組み合わせ

 

1 シュートの中で プラス域とマイナス域が交互に現れるため、極端なマイナスを喰らわない31システムの特徴を活かして、これにダランベール法を組み合わせます。

マイナスが先行しても短期的にプラス域に盛り返す過程でBETレートを上げることで、大きく利益を上げながら短期的に利確する手法です。

 

結果は18日間で利益率90%以上で落ち着きました。

 

 

今回、読者の方へ差し上げるマニュアルには、fifties hacker(フィフティーズハッカー)と31システムやダランベール法の設定方法。
運用計画から、判断に至るまで現時点での全てを詰め込みました。

 

尚、この31システムやダランベール法を組み合わせたバカラオートベットシステムのロジックは、元々バカラプレーヤーでもあったLUC888のオーナーが考案したロジックです。

※LUC888でバカラロジック開発チームがあるという事です。

 

 

これを機に当方のLUC888アフィリエイトリンクよりアカウント開設及びGC(ゲームチップ)を入金して頂ければ嬉しいですが、LUC888オーナー考案のfifties hacker(フィフティーズハッカー)31システム&ダランベール法ロジックは、どなたへもLINE@で無料プレゼントしています。

是非、手に入れて研究材料に加えてみてくださいね。

 

 

 

 

 

fifties hacker(フィフティーズハッカー)31システム&ダランベール法ロジック配布ページ

LINE@登録でパスワード配布

↓↓↓↓↓↓↓↓

31システム&ダランベール法 徹底解説マニュアル

 

リアルビジネス&ネットビジネス
せどりノウハウ・為替ロジック・バカラツールの特典多数

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

※当方のLINE@(公式アカウント)では、LUC888やオンラインカジノ案件、投資案件の最新情報をより深い考察でいち早くシェアしています。

 

fifties hacker(フィフティーズハッカー)マーチンゲール法で複数台運用 
↓↓↓↓↓↓↓↓

【LUC888】fifties hackerマーチンゲール法で複数台運用 (フィフティーズハッカー)