FX業者A-book(Aブック)とB-book(ブック)実践比較

親愛なる読者の皆さん 
虚業の王 内田比呂です

 

 

FX業者A-book(Aブック)とB-book(Bブック)実践比較

 

A-book(Aブック)といってもホントにフェアなA-book(Aブック)といえるのは数社程度でしょう。

今回はそんなFX業者のA-book(Aブック)とB-book(Bブック)の違いについて実践ベースで詳しく解説していきます。

 

先ず、なんといっても大きく違うのはスプレッドの開き方です。

A-book(Aブック)はmt4の日付けが変わる朝6時前後1時間はスプレッドが大きく広がります。
※現在は夏時間

XMに代表されるB-book(Bブック)の証券会社は指標発表時にスプレッドが広がります。
※トレーダーを勝たせたくないので

一方、A-book(Aブック)でそれは起こりませんが、取り引き量が少ない時間帯にB-book(Bブック)とは逆でスプレッドが広がるイメージです。
※原則あまりトレーダーが勝っても負けても関係ない

ですので、A-book(Aブック)でトレードを行い証拠金維持率ギリギリでポジション保有しているのなら、朝方に強制ロスカットとなる可能性があり注意が必要です。

 

 

FX業者A-book(Aブック)スプレッド条件

 

・取引量が多いとスプレッドが下がる。

 

・取引量が少ないとスプレッドが上がる。

 

ですので朝方はとても危険です。

例えばユーロ/ドル(EUR/USD)なら8.0pips

ポンド絡みならもっと開くイメージです。

 

 

次の項では、A-book(Aブック)とB-book(Bブック)共にFX業者も信用出来ないし実際どうなのよ?ってところをどんどん踏み込んでお伝えしていきますね。

 

 

FX業者A-book(Aブック)とB-book(Bブック)徹底解説

 

A-book(Aブック)とB-book(Bブック)では全然勝手が違うと思います。

例えばB-book(Bブック)のゼロカットシステムも実際にはただの釣り餌でありB-book(Bブック)業者は全てノミ行為。

トレーダーが負ければ負けるほど業者の利益になりますし、カジノやハイローのような仕組みですので常に不利なポジションを持たされます。

日本人はこれに慣れ過ぎているきらいがある。

一方、A-book(Aブック)はインターバンクに流しますので広義では相対取引であり、原則トレーダーの負けにより利益を得るワケではなく手数料で儲けます。
だからトレーダーに勝たれても関係ありません。

その代わり高ロットを打った時、直ぐに注文が通らないことが頻繁にあるでしょうね。
※数10秒差で入ったり。

つまり注文が良いようにも悪いようにもその時の取引量で通るのがA-book(Aブック)です。
※エントリーした数値より有利なところで入る場合も逆もある。

 

前述の通り雇用統計でB-book(Bブック)はスプレッドが恐ろしく開きますが、A-book(Aブック)ならそれは基本的に起こりません。
※B-book(Bブック)業者は勝たれると困るから開きます。

 

概念的にA-book(Aブック)はフェアゲームといえます。

勿論、この限りではなくA-book(Aブック)業者も経営が苦しくなればいきなりノミ行為をしだしたり、過去事例で実際あるのですが、雇用統計の時だけノミ行為を行うA-book(Aブック)業者もいました。

特定のFX業者に限らず常に監視しておき、何か明らかにおかしい時はトレーダーサイドがFX業者へ申立を行うことで非を認めさせ修正させる必要も出てくるでしょう。

FX業者は常にトレーダーを欺こうとしているくらいに思っている方が賢明です。

 

FX業者A-book(Aブック)とB-book(Bブック)の強制ロスカット

A-book(Aブック)口座で取引を行い証拠金100万円が強制ロスカットされマイナス10万円で終了したと仮定します。

同一のA-book(Aブック)口座で引き続き運用するのでしたら、再度100万円を入金するとマイナス分が差し引きされ証拠金90万円からリスタートします。

 

FX業者A-book(Aブック)PAMM口座

PAMM口座については↓↓↓↓↓↓↓から。

FX コピートレード PAMM(パム)口座 もう一歩踏み込んだ知識

 

ではこれが更にPAMM口座であった場合はどうでしょうか。

上記の例で証拠金100万円すべてがユーザー1の資金だったと仮定します。
前回の強制ロスカットとは無関係のユーザー2がこのタイミングで100万円入金しても証拠金100万円満額反映ですが、ユーザー1が再び100万円入金したら90万円の反映です。
※合計190万円でリスタートの意

ですので、PAMM口座の強制ロスカット値がおよそ200%で設定されていれば、証拠金はマイナスにならないので上記事象が防げるということになりますね。
※B-book(Bブック)のXMは20%

 

如何でしたでしょうか。

知れば知るほど奥が深いFXの世界。

少しでも参考になったのであれば幸いです。

 

リアルビジネス&ネットビジネス
せどりノウハウ・為替ロジック・バカラツールの特典多数

↓↓↓↓↓↓↓↓